読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしてもチキンが食べたくて。。

 

今日は一人お留守番。

とは言っても一人で出かけたらいいんだけど
ちょっとしんどくて、午前中は読書。

 

そうこうしてると

f:id:sukkirihome:20170305164936j:image

はらへった。

 

冷蔵庫に食べ物何にも入ってないので
ご近所で何かいい感じのお店ないかしら

と ネット検索。

 

「お!口コミがいいお店発見。」

 

何々・・・?

 

チキンオーバーライス?

f:id:sukkirihome:20170305164949j:image

これは うまそう!行こ!

 

と思って 

またよくよく口コミみると テイクアウトって。

それって ちょっと 面倒 

 

一旦チキンのことは諦めて 他のも検索。

 

それから 1時間たっても

さっきのチキンが頭から離れない。。

f:id:sukkirihome:20170305165000j:image

 

あああああ 食べたい!

 

あああああ 今日はチキンよ!

 

テイクアウトが何とか なんて 吹っ飛んでた。

 

『絶対チキン』の口に なってしまった私。

 

気づいたら 外に。

f:id:sukkirihome:20170305165007j:image

あはは うふふ
チキンだ チキンだ 

らん らん らん

 

歩くこと いや小走りにて20分強。

 

お 着いた?あれかな?!

 

f:id:sukkirihome:20170305165023j:image

若者いるいる〜

 

f:id:sukkirihome:20170305165231j:image

 

これです!お店。
(小心者なので人が引けてから撮影)

 

よし!入ろう!

 

「・・・こんにちは。」

f:id:sukkirihome:20170305165038j:image

オサレな店内と可愛い店員さんに なぜかもじもじ。

 

やっとのこさ

「チキンオーバーライス・・・ 一個くださいっ」

 

 

f:id:sukkirihome:20170305165113j:image

 

まあ なんて感じの良いこと。

 

5番の番号札いただき 呼ばれて

ランチボックスいただく時も
みなさんスマイルがよい!

 

「これって どこかで食べれますか?」

と聞くと お二階どうぞと言われ 気を良くした私。

 

一旦外に出て 早速 2階に上がっていった。

 

 

 

f:id:sukkirihome:20170305165144j:image

 

おお いい感じ!

 

私好みのざっくりした作りの店内 

中のスタッフに お好きな場所どうぞ と 

これまた感じよく言われ

カウンター前の大テーブル 陣取ってみた。

 

さてさて いただくとしましょうか!

 

パッケージ可愛いい 好きなゆるさだ。

 

f:id:sukkirihome:20170305165356j:image

 

 

では オープンっ

 

 

 

f:id:sukkirihome:20170305165407j:image

 

じゃら〜〜〜〜ん!

 

うっひょ〜 美味しそう!

 

いいじゃんいいじゃん

 

 

f:id:sukkirihome:20170305165123j:image

うまいっ!

 

チキン柔らかい!

 

ライス スパイス効いてちょい濃いめ

 

それにスープが調和してくれる。

で びっくりしたのはポテト。

 

サクサクなの!ほくほくで。

そしてちょっと甘い。

 

いいね〜 

ちょっと 落ち着いたので店内パシャり

 

f:id:sukkirihome:20170305165306j:image

(他はお客様いたので座ってるとこから奥撮影)

 

そして 店内にあったフライヤーみると

どうやら この一帯に ここの系列店が
わんさかあるらしい。

 

f:id:sukkirihome:20170305170054j:image

 

素敵!

 

後で他の店もチェックしてみよう!


「食後に川べりのお店でコーヒー 

いいやん オサレやわ〜」

 

と、チキン弁当(簡略)
食べ終わり 外に出た。


浮かれて 次のお店に入る。

 

さっぱりとした店内。
今度はクールなテイスト!

客は私一人。そして気づく。

 

「あ・・・」

 

おー マイ ガッ(汗) 

 

まさかのテイクアウト オンリー!

 

あのね おばちゃんはね 

ゆっくり座って飲みたかった。。

 

ちらっとそんなことを思いながら

店内を見渡していると

 

「いかがなさいますか?」

店員さんがこれまた素敵な笑顔で

迎えてくれてる。

 

とにかく レジにむかう。

 

「 えーっ と 

 

 

f:id:sukkirihome:20170305170110j:image

 

このコーヒーと あと・・・

 

f:id:sukkirihome:20170305170102j:image

・・・ベーグルください。」

 

何 いっちゃってるの私。

 

コーヒーだけじゃ申し訳ないとか

そんなことない 大丈夫だって!

頼みすぎ!と 

もう一人の自分に突っ込み入れまくる。

 

まったくもう。。

 

で 店内見渡すと 気になるメニューが。

 

「へえ〜 このお店 

サンドウィッチ作ってるんだ。」

 

おいしそうな写真だったので 聞いてみたら

 

オーダーしてから作ってるらしい。

 

「よろしければメニュー入れておきますね」

 

 

f:id:sukkirihome:20170305170638j:image

 

次回ご利用くださいと いただきました。 

 

コーヒーを受け取って

立ち飲みも何だし 外にある椅子に

若者風に 一人座ってみた。

 

 

f:id:sukkirihome:20170305165210j:image

 

コーヒー 美味しっ

 

 で

f:id:sukkirihome:20170305171456j:image

ここでは なんだかなって なったので

そのままコーヒー持って、立ち上がり 

 

飲みながら、街をブラブラしてみた。

 

 

コーヒー片手に歩くスピードは、

すごくのんびりして

普段気がつかないことが 見えてくる。

日曜日だからお店しまってるとこ多かったけど

気になる店構え 看板 ビル 沢山発見。

 

今度また覗いてみよう!っと。

 

 

 

 

ご参考)

思わず買ったベーグル達

f:id:sukkirihome:20170305170653j:image

 

明日の朝ごはんに食べようかな。